バイクが盗まれた後に自分でやれること

バイクが盗まれた後に自分でやれること

 

 

バイクが盗まれると、警察に盗難届を出し、もし盗難保険に入っていれば保険会社に連絡をします。基本的には、これで後は、警察や保険会社にお任せになりますが自分でも盗まれたバイクを探す努力をしましょう。盗難届を出しても警察が人員をさいて捜索をしてくれるというのは、期待できません。

 

 

バイク盗難 掲示板に登録

 

最近では、ネットでバイクの盗難に関する掲示板などのサイトが多くあります。「バイク盗難 掲示板」で検索するとバイクの盗難車の情報を交換できる様々なサイトが出てきます。これらのサイトに盗まれたバイクの詳細な情報を登録しておきましょう。

 

 

CBX

http://www7a.biglobe.ne.jp/~cbx/

 

盗難車捜索板

http://0bbs.jp/bikeman/

 

バイクブロス バイク盗難情報局

http://www.bikebros.co.jp/security/info

 

 

オークションサイトをチェック

 

最近は、バイクを盗んだ後にネットオークショにで売りさばくというのは、減ってるようですが念の為にバイク本体やパーツがオークションに出品されていないかヤフオクなどのサイトをチェックしておきましょう。もし発見できたら自分で相手と直接やりとりをせずに警察に連絡してそちらで動いてもらいましょう。

 

 

CBR600RRが盗まれて、ヤフオクでバラされたCBR600RRの部品が出品されていた。怪しいと思った被害者がエンジンを落札。警察同伴で出品者を訪問。盗難車両とエンジンナンバーが一致して犯人逮捕。こういうケースが過去にあった。

 

エンジンだけシリアルナンバーが入ってるから盗難車のエンジンを出品する奴は、バカだね。普通は、全部バラして 部品取りにしてヤフオクで販売。エンジンだけは、シリアルナンバーを削って海外に輸送して 法律の緩い海外で部品取りとして販売って感じ。あるいは、全部海外で販売だね。だから絶対に足がつかない。最近は、盗んだバイクをヤフオクには、出品しないよ。

 

 

グッドライダー防犯登録

 

全国二輪安全普及協会がやっているグッドライダー防犯登録でこれに登録しておけば全国の加盟販売店で情報を共有しているので盗まれたバイクが加盟販売店に転売されたらすぐわかります。

 

 

近所の捜索

 

バイクの盗難は、未成年の犯罪が多いです。未成年の犯罪の場合、特に7〜8月の夏休みの期間などは、バイクを盗難して乗り回した後、捨てるケースが多くあります。近場で人目につきにくい乗り捨てし易い場所があれば探してみるのも一つの手です。