バイクが盗難にあった時の対処方法

バイクが盗難にあった時の対処方法

 

 

いつもの場所にいったらあるはずのバイクが消えている!
一瞬パニックになりますが落ち着いてやることをやっておきましょう。
まずは、現場に壊されたロックなどがあればその状態を写真にとっておきましょう。

 

 

次に最寄りの警察署または交番に行って盗難届を出します。

 

 

特に必要なものはありませんが
車台番号を伝える必要があるので
わからない場合は、車台番号がわかる書類が必要です。
また、最後にバイクを見たのは、いつか?
といった状況も頭のなかで整理しておきましょう。

 

 

 

警察がパソコンに必要事項を入力して
全国手配が完了した後に 盗難届が受理され
盗難届受理番号」が出ます。

 

 

盗難届を出したら
届出日、届出警察署、受理番号の3つを控えておきます。
これらは、役所で軽自動車税の課税を保留したり、
盗難保険などを適用するために必要なものです。

 

 

次に盗難保険に入っている場合は、
保険会社に連絡します。
この時に受理番号が必要です。

 

 

次に125cc以下のバイクであれば
役所に行って軽自動車税の課税を保留してもらう手続きをしましょう。
これをしないと盗難届を出していても軽自動車税が取られます。

 

 

手続きに必要なものは、
盗難届を出したときの届出日、届出警察署、受理番号
それ以外にバイクの所有者の印鑑
所有者以外の人が手続きをするならその人の印鑑です。

 

 

125cc以上のバイクであれば
運輸支局か軽自動車検査協会に行って、
一時抹消登録手続きをします。

 

 

運輸局に問い合わせて
手続きに必要なものを確認しましょう。

 

 

一時抹消登録手続き後に
軽自動車届出済証返納済確認書
軽自動車届出済証返納証明書
が交付されます。

 

 

これらの書類は、再登録するときに必要です。
原則、再発行されないので大事に保管しておきましょう。

 

 

 

ここまで終わったらバイクの捜索です。
見つかる可能性は、低いですが
近所を捜索してみましょう。

 

 

 

バイクが見つかった場合

 

 

もし自分でバイクを発見した場合は、
警察に連絡しましょう。

 

 

盗難車両となっているので
そのままにして乗っていると事情聴取をされることがあります。

 

 

125cc以下のバイクの場合は、
役所に印鑑を持って行き、課税保留解除の手続きをします。

 

 

125cc以上のバイクの場合は、
陸運局に自賠責保険、住民票、印鑑、廃車証明書
持って行き、再登録の手続きをします。

 

 

もしあまりにもボロボロの状態で戻ってきて手に負えないなら
バイク買取で売るのも一つの手です。

 

 

バイクが見つからない場合

 

盗難保険に加入している場合、
加入先に連絡して保険会社の調査を待ちます。
加入先の規定する期間内にバイクが見つからない場合は、
車両代の一部が保険会社で負担されます。

 

 

盗難保険に未加入の場合は、
バイクが見つからない場合は、打つ手がありません。
諦めるしかないので次にバイクを所有する時は、
この教訓を活かしてしっかり防犯対策をしておきましょう。